【完全ガイド】NEO・WAVES(ネオ・ウェイブス)他でエアドロップ報酬を【仮想通貨】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
久しぶりの更新です。
今回は仮想通貨のエアドロップ報酬のご紹介です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

エアドロップ報酬とは

そもそもエアドロップ報酬とはなんぞやということですが
空から降ってくるという意味で使われているだけです。
内容としてはある特定の仮想通貨を保有しているだけで報酬や分配があるモノです。

全ての仮想通貨にあるモノではないです。
限られた仮想通貨でのみ保有者にその仕組みを提供しています。
そのなかでも自身がやっているモノだけをご紹介致します。

夢のエアドロップ生活を送ってみたいものです。

ところが日本の取引所では扱いのない仮想通貨ばかりです。
ですので手に入れるにはBittrexやPolo等の海外大手取引所の開設が必要です。
おすすめはBittrexですが後述のNEO・GASではPoloと両方が必要です。

NEO購入が出来る取引所:Bittrex
GAS売却が出来る取引所:Polo
別々なんですね。

上記になります。
ビットコインで該当のアルトコインを買う形になりますので
流れとしては

ビットフライヤー・コインチェック等で円でBTC(ビットコイン)購入

ビットコインをBittrexへ送金

Bittrexで該当の仮想通貨を購入

各walletアプリへ送る
*取引所に置いてるだけではエアドロップは発生しないのが大半です。

ざっくりとこんな流れになります。
まだビットコインをお持ちでない方は下記からどうぞ。

まずはビットコインをここで手に入れて。

コインチェック(coincheck)でビットコイン購入 HYIP・マイニング投資の前に
ビットコイン投資にはHYIP(うちではライトライズ)・マイニング(AABT)・トレード等々色々ありますがまずはビットコイン購入の仕方です。
ビットコインはココで購入。別窓で開きます。

もしくはビットフライヤーで。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
これも別窓で開きます。

エアドロップのある仮想通貨

前項までで準備も整ったかと思いますので
具体的なエアドロップが可能な通貨のご紹介です。
定期的にエアドロップし続けるものもあればそうでないものもあります。

NEO

旧Antshares(ANT)。過去にアリババと提携とかもありましたね。
仮想通貨(コイン)を発行する中国のプラットフォームです。
身近ではアルトコインはイーサリアムベースで発行されることが多いです。
そしてそれをイーサリアムトークンと呼びますが
今後はNEOでも発行されてNEOトークンと呼ばれるかもです。
保有しているだけでGASという仮想通貨が毎日貰えます。
中国なので規制が最大のリスクですが、彼らも仮想通貨の覇権を握りたいのが本音です。
仮想通貨自体を禁止にすると甘い蜜が吸えなくなるのでイッチョカミするようになるのかなと。
それを実現するために中国がメインにココを据えるのか否かも注目です。
中国マネーの流入とイーサリアムに取って変わる可能性も秘めてます。

WAVES

同じくプラットフォームです。ロシア。
支払いシステムやクラウドファンディング等との連携が期待されているいます。
ロシアのバーガーキングがココで「Woppercoin(ワッパーコイン)」を発行しました。
ワッパーという商品を買うごとに1Woppercoin貯まるんだそうです。
リスクは中国と同じく規制です。
ここはルールに則って運営していく旨なので逆にお墨付きもありえそうです。
超大手の実績を取り付けているところが魅力です。

OMISEGO,Texn,Byteball等

これらは株の配当のようなイメージなので
株のように配当落ちの現象が起こるはずなの保有してません。
逆にエアドロップ後は下がるので買い時とも言えますが。

*配当落ち:配当を貰った=用済みになり、大量売りで下がる。配当前は上がる。
*Texnだけは持ってました。失礼しました。

ということで事項からは配当落ちに左右されにくそうな
◆NEO◆と◆WAVES◆
このふたつでエアドロップを得る方法についてご紹介致します。

Bittrexからの各walletへの送り方

ここではBittrexからの仮想通貨の送り方です。
やり方は共通ですので簡単です。
これが各通貨とwalletに変わるだけです。

まずログインして【wallet】をクリックで下記の画面になります。
これは自分の保有する仮想通貨を確認する画面です。
この中で購入してあるNEOのところで【-】をクリックします。
【+】はwalletに入れる・【-】はwalletから出すの意味です。

【-】を押すと下記のような画面が出ます。
ココで送り先=受取アドレスを入力して送る数量を入力です。
NEONwalletに送る際は【Public Address】が該当します。

フィーが0.025NEOかかるので整数+0.025のNEO数を入力です。
NEOは整数でしかwalletが受け付けないです。ですので5送るなら5.025になります。
問題なければ【Withdrawal】をクリックで送信です。1時間くらいで送信完了です。




NEO(ネオ)のエアドロップ受け取り方法(GAS)

walletアプリのインストール方法

まずはBittrexなりの取引所でNEOを買うことから始めるのですが
その後に自身のパソコンにNEONwalletというアプリをインストールします。
これはNEO専用のwalletです。ここに手持ちのNEOを入れます。

https://github.com/CityOfZion/neon-wallet/releases
こちらからダウンロードしてインストールをします。
下記のような画面になりますので
Windowsなら最新の【Windows.Neon.Setup.0.0.5.exe】を選びます。

私は右クリックでデスクトップにダウンロードして

①Wクリックしてインストールをしました。
②インストールするとショートカットが出来るのでWクリックで立ち上げます。


余談ですがDesktopの背景はお気に入りの都市開発ゲームCities: Skylineの我が町です。

walletの新規登録方法

ここからは新規の登録方法です。
直前の画像内の③をご覧ください。
③【Create a new wallet】をクリックして新規walletを作成します。

クリックしたあとは下記のような画面が出てきますので
【Enter passphrase here】【Repeat passphrase here】に
お好きなID的なモノを入力します。両方とも同じモノを入力です。メモです。

次に出てくる画面も大事です。
自身のwalletのアドレスやパスワード関係になります。
【Public Address】【Private Key】【Encrypted key】
この3つは必ずメモしておいて下さい。

walletを使える準備が整いましたので
再びwalletのトップ画面に戻ります。
簡単にログインできる【Private Key】でログインします。

【Private Key】を入れて【Login】するだけです。
他のところからだと2行入力とかで面倒なので
私はこちらでやってます。

次の画面が実際にNEOを219ほど入れて
しばらく経過した画面になります。受取アドレスに送ってます。
1.5ヶ月くらいで2.47程のGASが配布されてました。

以上がNEONwalletの設定になります。

NEOで貰えるGASをシミュレーションしてみる

あとはいくらのNEOでいくらのGASが貰えるのかを
シミュレーション出来るサイトがあるので下記に貼っておきますね。

下記の画像のように理論値(左)と実績値(右)が出るようになってます。
【USD】をクリックでUSDへの換算をしてくれます。
下記のような画面で保有のNEO数を入力してクリックするだけです。
ついつい見てしまいますね。

実際のエアドロップ報酬の実績

ちなみに私の僅かばかりの219NEOでのGAS報酬も下記に掲載しますね。
丸2日間で0.075GASをゲットです。NEO自体も相当戻しました。
日本円ではいくらなのか計算してみましょう。

現在(10/2)、1GAS=32ドルです。為替は1ドル=112.86円です。
円換算:32ドル/GAS×0.075GAS×112.86円/ドル=約270円です。
1日では135円ということになります。
GASの価値が上がっていけばたくさん貰えることになるので頑張って欲しいものです。
GASの売却はPoloで行います。結局はPoloも必要ですね。

WAVES(ウェイブス)のエアドロップ受け取り方法(色々)

WAVESについて

自身の保有WAVESをどこかにリースする形になります。
その見返りとしてWAVESトークンの様々な仮想通貨を受け取ります。
取引所にない仮想通貨もありますので全部が売買できる訳ではありません。
1円にもならないマイナートークンとかも降ってくるようです。

いくつかリース先はあるのですが
最大手と言われているWAVESGOを選びました。
下記からはWAVESGOでのエアドロップについてご紹介致します。

walletアプリのインストール方法

まずはwallet作成からです。
ブラウザはクロームでやるようにしてください。
クローム上のアプリを使用しているみたいなので。

ここから手に入れましょう。
https://wavesplatform.com/

下記のような画面になりますので
【GET CLIENT】をクリックします。

下記のクロームのウェブストアのアプリ追加画面になります。
①と②の2箇所をクリックして追加します。

起動を楽にするためにデスクトップにショートカットを作成します。
下記の画面のように拡張機能をクリックします。

下記のように拡張したアプリ一覧が出ますので
【WavesLiteApp】の【詳細】をクリックして【ショートカット作成】を行います。

これですぐにwalletを起動することが出来るようになりました。

walletの新規登録方法

一旦、閉じてデスクトップのショートカットをWクリックして起動します。
【NEW ACCOUNT】をクリックして新規でWAVESwalletを作成します。

下記の画面にユーザー名・パスワードを入力します。
またユーザー名・パスワード・walletアドレスをメモしておきます。
ここのアドレスが受取アドレスになります。
私はBittrexから送りました。即反映されました。早い。。

下記のようにwalletに570WAVESが入っている状態になりました。

WAVESGでのリース方法

次はこれをリースに出す作業です。
前述しましたがWAVESGOにリースします。

下記のURLからWAVESGOへいきます。
http://www.wavesgo.com/

下記がその画面になります。
右下の【WavesGo Mining Pool】をクリックします。

下記の画面に切り替わって
リース用のアドレスが表示されます。
これをコピーします。

下記の画像のように再びWAVESwalletに戻っての作業になります。
①をクリックすると入力画面が現れますので
②を入力していきます。先ほどのリースアドレスと数量です。
手数料は変更せずにデフォアルトのままにしました。
問題がなければ入力後に【LEASE】をクリックで完了です。

WAVESwalletのトップ画面に戻ると
画面下の履歴部分に【Leasing】と表記されています。
リースが開始されたことになります。
念のためにご確認することをおすすめ致します。
同画面で【Leasing】の項の右側のボタンをクリックすると
リースをキャンセルをする項目が出ますのでキャンセル時はそちらで。




おまけ

RJPというMr.ripllieのコインがあるのですが
10,000枚発行でこれも配当系です。
毎月の収益の半分を10,000枚で分配します。

株式みたいな感じですかね。
しかもコインだから議決権はないので発行する側からすれば良い事ずくめです。
分配はリップルコイン(XRP)で支払われます。

ちなみに先月はXRP:25.2JPYとして1RJPあたりXRP:14.13XRPでした。
ですので1RJPで約356円ですね。
これが毎月あって翌月15日に分配されます。
リップルが0.7円のときは大量の貰えてたんですけどね。

あとがき

今後はドロップの実績をご紹介していきます。
ネオはGAS、WAVESは様々な通貨です。
ご興味があればたまには覗いてみて下さいませ。

仮想通貨関連ですので思わぬリスクが生じるかもしれませんので
くれぐれも熟考なさって自己責任・判断にて実践なさって下さいませ。
結論を言いますと全力はリスクが高いってことです。程々がいいのかなと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)